注文住宅の内装で木材を多用するメリットは?

一番はなんといっても癒し効果

住宅の内装で木材を多用すると、見た目がガラッと変わってきますよね。床や建具に使うだけでなく、壁にアクセントクロスではなく木材を貼ったり、天井に貼ったりすることもあります。選ぶ木材の種類によって、また貼り方によって雰囲気がかなり違うので、ナチュラルからモダンまでとても幅広いインテリアテイストが生み出せます。
そんな木材を多用した住まいですが、一番のメリットはやはり癒し効果でしょう。見た目での癒し効果もありますが、それだけでなく、木材の匂いに包まれていると心が落ち着いてくるものです。また、木材によっても匂いが異なってくるので、自分に一番心地よいものを見つけてみましょう。ぜひ担当者と相談しながら、サンプルを取り寄せたりして色々試してみて下さい。

調湿作用で快適に過ごせる

木材には調湿作用があります。これは、周囲の湿度が高くムシムシする時期には水分を吸収してくれ、反対に周囲の湿度が低く、乾燥している時期には水分を放出してくれるという作用のことです。その為、室内の湿度の変化が、木材を貼っていない場合と比較すると小さく抑えられます。見た目や匂いを楽しめるだけでなく、快適にも過ごせる手助けをしてくれるのは、本当にありがたいですよね。
よく木材は膨張や収縮をすると言われますが、それはこの調湿作用によるものなのです。
注文住宅だからこそ、内装にはぜひこだわってみて下さい。もちろん、リフォームで後から施工することも可能ですが、初めから検討し、施工しておくことで、他の部分との納まりや色合わせなどもキレイに仕上がります。

一戸建てとは、完全に独立した建造物です。新築や中古があり、新築の場合は建売住宅と注文住宅があります。