注文住宅は一から専門家と相談して住宅が建てられるので、外装や内装などの好みに合わせて建ててもらえます。その他住宅を建てる時には素材が重要になり、予算に合わせて必要な素材を選んでいく必要があるでしょう。

外装の選び方

注文住宅では屋根の素材選びが大事!!

注文住宅は暮らす人が自由に設計できる住宅です。間取りや住宅設備、建築資材などが自由に選べるため暮らしを豊かにしてくれます。選択肢が多いことで将来を見越した設計が可能になるため、理想の家造りが楽しめ…

全てはこちら »

注文住宅で選べる外壁タイルの性能を知ろう!!

注文住宅は建物の構造や付随設備を建て主が自由に指定出来るのが最大の特徴です。不動産会社や施工会社など売り主側が建物の構造などを決めている建売住宅と異なり、自分の好みや生活様式に合致したマイホーム造…

全てはこちら »

世界に一つだけのマイホームが注文住宅

建売の住宅と違って注文住宅は、自分のプランに応じた家を建ててもらう事ができます。その分、建売の住宅と比べると割高になる場合が多いです。

注文住宅でも考えたい周りの住宅との調和!!

夢のマイホームは注文住宅です

マイホームの最高峰と言えるのが注文住宅になります。注文住宅はさまざまなメリットがありますが、最大のメリットは自分が理想とする家を形にすることができ、快適な空間を作り出して生活できる点です。 間取りを好きなスタイルにすることができますし、玄関ドアや各部屋のドア、さらには床材や壁紙も自由に選択できます。建築士の人と相談した上で好きな家ができるので、最高に贅沢な暮らしができるでしょう。 注文住宅は基本的に好きなようにできるわけですが、自分の好みだけではなく考えておきたいことがあります。それは、注文住宅の壁材をどのようなものにするかです。長年住む家ですから、周りの家との調和が重要になってくると考えられます。

浮いた家にしないことが大切

どんなに立派な注文住宅を建てたとしても、自宅の外装部分だけがあまりにも他の家の外壁と違ってしまうと、調和がとれなくなります。調和がとれなくなってしまうと、結果的に浮いた家になってしまいます。これではせっかく素晴らしい注文住宅を建てたとしても、バランスが悪くなってしまいますし、周りの人も良く思わないかもしれません。注文住宅がもったいない形になりますから、きちんと周りとのバランスを考えて外装を検討しましょう。 建築士の人と相談するのも良いですが、まずは自分自身で周辺地域に建っている一戸建て住宅を見学してみましょう。見学することで、周辺地域にぴったりとあった外装はどんな感じのものなのか、これが見えてきます。

内装の選び方

注文住宅の内装で木材を多用するメリットは?

住宅の内装で木材を多用すると、見た目がガラッと変わってきますよね。床や建具に使うだけでなく、壁にアクセントクロスではなく木材を貼ったり、天井に貼ったりすることもあります。選ぶ木材の種類によって、ま…

全てはこちら »

注文住宅で室内を明るくしたいときどんな内装がいい?

室内を明るくすると、昼間なら照明をつけなくても快適に過ごせます。ただ、立地や窓の向きなどの関係で、外光を取り込みにくいこともあるでしょう。そのようなときは内装のメインカラーに白を選びましょう。白は…

全てはこちら »

注文住宅で落ち着いた空間にしたいときの内装はどんなタイプ?

どのインテリアタイプでも、案外、素材感やカラーのトーンなどにこだわることで落ち着いた住空間にすることはできます。とはいってもなかなかハードルが高く、難しいですよね。ここでは比較的取り入れやすい、落…

全てはこちら »