注文住宅で選べる外壁タイルの性能を知ろう!!

世界に一つのマイホーム造りが可能な注文住宅の詳細

注文住宅は建物の構造や付随設備を建て主が自由に指定出来るのが最大の特徴です。不動産会社や施工会社など売り主側が建物の構造などを決めている建売住宅と異なり、自分の好みや生活様式に合致したマイホーム造りが出来るのが注文住宅ならではの魅力です。建物のデザインも法律上の安全基準を満たしていれば自由に決めることが可能なので、周囲との差別化を図ることが出来ます。個性を演出する方法は多々ありますが、手間をかけずにおしゃれに仕上げるには注文住宅に多く使われる住宅用の外壁タイルが最適です。タイルを壁に張り付けるだけで建物全体の印象を大きく変えることが出来る他、タイルの遮光性を活かした断熱効果を得ることも可能です。

外壁タイルの特徴と注文住宅に適している理由

注文住宅に使われる外壁タイルは装飾用の意味合いが強いことから、見栄えが良く華やかなデザインが多用されています。また、タイルで外壁を覆うことによって建材の経年劣化を軽減させる効果が得られることから、建物の耐久性を保持する目的で使用されることもあります。住宅用の外壁タイルは見栄えを良くする装飾の他、防水や遮光の機能を得るために使われます。継ぎ目を専用の接着剤で塞ぎながらタイルを張り付け、建物全体を覆うことで室内環境の大幅な改善が可能です。
注文住宅は様々なデザインで建てられていることから、多くの物件では一般的な建売住宅用の外壁パネルをそのまま使うことが出来ません。サイズが小さいタイルであれば複数枚を張り合わせることで複雑なデザインの外壁にも使えます。そのため、注文住宅のイメージチェンジには外壁タイルが最も適しています。

分譲住宅の敷地内には高い割合で小さな公園が設けられます。そういった公園には外部の人があまりやって来ないほかそれぞれの家が公園から近いため子供達を安心して遊ばせる事が出来ます。